ピルについて調べる

アフターピルの成分を知る

アフターピルを使ったことのない女性はアフターピルの成分について不安を持っている人もいるのではないでしょうか。

避妊薬という他にも副作用が出るなど、身体にとって悪い薬ではないか、また子どもが産めなくなる体質になってしまうのではないかと考えている方も少なくないでしょう。

しかし、アフターピルはそのような影響はありません。ではアフターピルを服用すると体にどのような作用があるのでしょうか。

アフターピルの成分はプロゲステロンと言って女性の体から出る卵胞が変化し形成された黄体から分泌されるホルモンのことを言います。このプロゲステロンは排卵後に大量に分泌されます。

分泌されている間に妊娠しやすいよう子宮内膜を厚くして受精卵が子宮内に着床しやすい環境を準備してくれるのです。

しかし、プロゲステロンがピークに達しても妊娠がなければ準備した子宮内膜を剥がし、生理が起きます。その仕組みを利用してアフターピルには多くのプロゲステロンが含まれており、妊娠する前に生理を人工的に起こして受精卵が着床する前に子宮内の膜を剥がして避妊をするのです。

女性ホルモンと言っても体に大量のプロゲステロンを摂取するため、普通は徐々に分泌量が増えていきますが、アフターピルは一気に体に投与することになるのです。
多くの錠剤
そうすると体が異変を感じ吐き気や嘔吐と言った副作用の症状が出てしまうのです。しかし、市販の鎮痛薬と一緒に併用すれば副作用も抑えることができます。

市販薬の鎮痛剤はアフターピルの効果を激減させる成分が含まれていないので併用が許可されています。また最近では副作用が出にくいアフターピルを通販で購入することができます。

アフターピルを服用したからと言って、体への後遺症やもともとの体質は変わりません。

一時的に生理周期などは乱れたり、副作用が1、2週間ほど続く人も中にはいますが成分は2日ほどで体から完全に消えると言います。